※このページではプロモーション広告を利用しています。

話題

PFOAフリー以外のフライパンは危険!安全重視で便利ならコレ

最近毎朝作る目玉焼きが “くっつく” ので、買い替えを考えているわが家の「フッ素加工のフライパン」 。

できれば安全なフライパンが良いとネットで調べていると、フッ素加工でも「PFOA(ピーフォア)フリー」というフライパンを選べば、安全性も使いやすさの問題も解決できるみたい。

でもなぜ「PFOAフリー」のフライパンが良いのか?

気になってさらに調べると、フッ素加工のフライパンをキズがついたまま使い続けると恐ろしいことになるみたい・・・

キズがついたフライパンはやっぱり危険なんだね

そこでPFOAフリーのフライパンが安全でおすすめの理由をまとめました。

あと、フライパン選びで外せないのが重さや耐久性ですよね。

重いフライパンは使いにくーい! 
お手入れ方法がラクなのがいい!
セラミックのフライパンも安全みたいだけど?

フライパンは安全なのがいいけど、重いのや使いにくいのはイヤ!


絶対に「安全で、使いやすくて、お手入れ楽ちんな長持ちのフライパンが良い!」。

ということでPFOAフリーのフライパンと、安全と言われる鉄、ステンレス、セラミック加工のフライパンの重さや耐久性、使い勝手などを比べてみました。

さいごに「耐久性抜群!スルッと感が長持ちで感動的なPFOAフリーのフライパン」も見つけたのでご紹介しますね。

PFOAフリーのフライパンがおすすめな2つ理由

料理する女性

危険と言われるフッ素加工のフライパン。
でもフッ素加工でも「PFOAフリー」のフライパンを選んで適切に使えば、安全面も使い勝手も良いのでおすすめです。

おすすめな理由は以下の2つ。

1.有害物質を使っていないから安全

PFOAフリーのフライパンは加工をする際、人体に有害な有機フッ素化合物「PFOA(ピーフォア)」を使わずに作られているため安全性が高いです。

従来のフッ素加工のフライパンは、加工をする際「PFOA(ピーフォア)」という人工的な化学物質物質を使って、フッ素を貼り付けて作られます。

実はPFOA(ピーフォア)は体の中に蓄積されてしまう、人体に有害で危険な物質。

PFOAについては下記で確認できます⇩

金属のヘラなどでフライパンの表面にキズがつくと、中のPFOA(ピーフォア)が食べ物と一緒に体の中に入って蓄積されるため「キズがついたフライパンを使い続けると危険」ということなのです。

でもPFOA不使用のフライパンなら有害物質を使用していないので、もしキズがついてしまっても安心です。

PFOAは世界的には2019年から規制の対象となっており、日本でも2021年10月から使用が禁止されています。
でもお店でフライパンを見てみると、「PFOAフリー」と書いてあるフライパンは少なくて買う時に少し心配。

安全面を考えると、しっかり「PFOAフリー」と表記してあるフライパンを選ぶのが安心ですよね。

ちなみに、フッ素加工自体は人体に無害なので、もし剥がれ落ちたコーティング片を飲み込んだとしても、体に吸収されず排出されるため危険ではありません。

2.フッ素加工だから使い勝手が良い

フッ素加工のフライパンはとにかく食材がくっつきにくいです。

だから使い方を守れば、以下のようにとても使いやすいフライパンです。

  • くっつきにくく焦げにくい
  • お手入れがラク
  • 少量の油で調理できる
料理初心者でも使いやすーい!
油が少なくて済むならヘルシーだね!

たしかに、鉄やステンレスなどのフライパンは加工がされていないので安全です。

でも忙しい朝、フライパンが温まるのに時間がかかったり、目玉焼きがくっついてゴシゴシこすって洗わなければならないのは結構ストレスですよね。

フッ素加工のフライパンなら、少量の油でもくっつかずに簡単に目玉焼きが焼けて、ツルンとお皿に移すだけ。

お手入れは、中性洗剤を付けたスポンジで軽くこするだけなので、後片付けもラクラクです。

 

「キズがついたら危険」「空焚きをしたら危険」とすべてが危険と言われているイメージがあるフッ素加工のフライパン。

でもフッ素樹脂加工が剥がれないようなキッチンツールを使い、空焚きをせず高温にならないように使えば、くっつきにくく使い勝手の良い優秀なフライパンなのです。

 

フライパンはほぼ毎日使いますよね。

だから選べるのであれば、「有害物質を使っていない安全なフライパン」を選ぶのが一番です。

使用方法を守った使い方をすれば、安全でとっても使いやすい「PFOAフリーでフッ素加工」のフライパン。

でも鉄やステンレスなどのフライパンと比べ、重さや寿命、価格も気になります。

次に、鉄やステンレス、セラミック加工のフライパンと重さや寿命などを比較してみました。

PFOAフリーと他のフライパンの寿命や使いやすさを比較

ここでは安全性が高く、一般家庭で手に入りやすい「鉄・ステンレス・セラミック加工・PFOAフリー(フッ素加工)」のフライパンの重さや寿命、使いやすさを比較してみました。

ちなみにアルミ製のフライパンはIHで使えず、焼いたり炒めたりするのには向かないため候補から除いています。

PFOAフリー フライパン
(フッ素加工)
セラミック加工 ステンレス
お手入れ
こびりつきにくい

金属ツールはNG

金属ツールだとキズが付きやすい

熱いうちに洗うゴシゴシこすっってもOK

使い始めは空焚き・油慣らしが必要
使うたびにお手入れ必須
耐久性・寿命
約2年
価格や使い方による

約2年
価格や使い方による

じょうぶで長く使える

じょうぶで長く使える
重さ
軽いものが多い

500~1000g
物によって違う

重い

重い
1,000g以上の物が多い
くっつきにくさ
くっつきにくい

空焚きは危険なので少量の油を引く

予熱をして油を引かないとくっつきやすい

予熱をして油をしっかり引かないとくっつく

油ならしが済むとくっつきにくい
熱伝導
ムラがある

強火は不向き
中火以下で使用

温度が下がりにくいが
温まるまで時間がかかる

短時間で温まる
高温調理
有害ガスが出るので向かない

400℃前後までの耐熱性があるがすぐに焦げやすい
温度差で加工が剥がれる可能性大

高温に強い

火力が強い料理向き
価格 2千円~8千円程度 5千円~1万円程度 5千円~1万円前後 3千円~1万円以上のものもある

上記の表を見ると、鉄やステンレスは熱に強く安全ですが、使い勝手が悪くお手入れが大変そうな感じ。
こまめに管理ができる人向けのフライパンだと思います。

安全だけど使いこなせないよ(泣)

また、「PFOAフリーでフッ素加工のフライパン」と「セラミック加工のフライパン」を比べるとセラミック加工の方が高熱に強く、熱伝導も良いのでフッ素加工より使いやすそうなイメージです。

でもセラミック加工のフライパンは熱伝導が良すぎるため、油をしっかり引いて予熱をしないとくっつきやすく、焦げ付きの原因になりやすいのです。

一度焦げ付くとどんどんくっつきやすくなるんだってー!
くっつくのはイヤー!

また、お手入れの面から見てもセラミック加工のフライパンはフッ素加工と一緒で、金属ツールはキズがつくので使えないものが多いです。
そして、急に冷たい水で洗ったりすると加工が剥がれやすくなるのもフッ素加工と一緒です。

さらにもう一つデメリットがあるとするなら、セラミック加工は耐久性や熱伝導が良いほど何層にも加工がしてあるため、重くなるということ。

最初から重いと、チャーハンとか作ったらもっと重くなるよ~
重いのもやっぱりイヤー!

 

以上のことから、熱に強いと言われるセラミック加工は、使い勝手を考えるとフッ素加工とあまり変わらない印象を受けます。

鉄やステンレスのフライパンの耐久性や寿命が長いのも魅力ですが、やっぱりフライパンはさっと使えて、お手入れがラクなのが一番!

PFOAフリーのフライパンなら、フッ素樹脂加工でも人体に有害な有機フッ素化合物は不使用なので、適切に使えば安全で使いやすいです。

あとはフッ素加工のデメリットである耐久性や寿命、熱伝導がカバーできるフライパンなら、なおさらいいですよね。

耐久性抜群!PFOAフリーで長持ちのフライパンを発見!

お手入れが大変な鉄や、すぐに使えないステンレスのフライパンは諦めて、ネットでPFOAフリーで耐久性や寿命、熱伝導が良いフライパンをさらに探しました。

すると有害な接着剤を使わない従来と異なるフッ素コーティングのフライパンを発見!

そのフライパンは「SURUTTO(スルット)」というフライパンです。

 

フライパン スルット

引用:https://www.makuake.com/project/surutto/

 

SURUTTO(スルット)は購入者の97%以上が ”とても満足、または満足” と回答し、95%以上の人が料理のストレスが減ったと回答したフライパン。

 

そんなスルットの特徴は以下の通りです。

「SURUTTOスルット」の特徴

  • スルッと感が長続きの特殊構造
  • 熱伝導が良く、火の通りが均一
  • 側面が熱に強く中央で焼ける
  • 特殊加工だから軽い
  • 30日間の返金保証付き

 

ここからはフッ素加工のデメリットをカバーしてくれそうなフライパン「SURUTTO(スルット)」の特徴を詳しくご紹介します。

特徴①スルッと感が長続きの特殊構造

SURUTTO(スルット)のフッ素樹脂加工は接着剤を使わない『WellFron®スピンコーティング』で加工されているので、「こびりつき」の原因になりにくく、スルッと感が長続きします。

 

『WellFron®スピンコーティング』とは、加工液を遠心力でスキマなく均一に流してコーティングする特殊な表面加工処理(アルマイト加工)。
フッ素粒子を吹き付けてコーティングする従来のフッ素加工法とは違い、液体式のコーティングなのでスキマがありません。

だから、食材の油や塩分が内部に入り込みにくく浸透しづらいため長持ちなのです。

 

接着剤を使わず安全な特殊構造なので、表面は鏡のようになめらか。
料理はもちろん、汚れもこびりつきにくく、スルッと落ちます。

やっぱり料理のあと、片付けがラクなのは外せませんよね。

お手入れラクちん!バンザーイ!

また、公的機関の検査で「200万回耐摩耗試験合格」、「300時間耐食性試験合格」という長持ちも証明されています。

寿命が短いと言われているフッ素加工のデメリットをカバーしてくれていて、買い替える頻度が減るのはいい感じ!

大切に使えば2年以上持ちそうだね!
WellFron®はナンセンカンパニーリミテッドの登録商標です。

特徴②熱伝導が良く、火の通りが均一

スルットの底面には、鉄粉が吹き付けてあるため均一に火が通ります。

従来のフライパンはステンレスが貼り付けられていて、IHだと加熱されるのはステンレスが貼り付けられている部分のみ。

スルットは底面に鉄とアルミを溶かして吹き付けてあるので、ぎょうざの焼きムラもなくなり、ホットケーキもホットプレートで焼いたようにきれいに焼けます。

これならぎょうざを焼く時、真ん中だけ焦げることもなくなって、全体的に良い焼け目で焼けそうです。

ホテルで出てくるようなきれいな焼き目のホットケーキが焼けるってステキ!

特徴③底面が熱に強く中央で焼ける

底面に鉄粉を吹き付けて作られているSURUTTO(スルット)は底面が熱に強く、反り返りにくいです。

従来のフッ素加工のフライパンの側面は、熱膨張率の違うアルミニウムとステンレスでできています。
だから使い続けるうちに熱で反り返りやすくなってしまいます。

火が強すぎたり、急な温度変化で反っちゃうんだって!
えー!
油がたまって空焚きと一緒で危険だね

SURUTTO(スルット)は鉄粉を吹き付ける溶射(ようしゃ)加工のため反り返りにくく、目玉焼きを作っても外に流れません。

目玉も中央で焼けて真ん中!
こびりついて見た目が崩れることもなく、きれいな焼き上がりになるからおいしそうに見えますよね。

特徴④特殊加工だから軽い

従来のフライパンのようにステンレスの貼り底がないから全サイズ1kgより軽い!
女性でも片手で使える、使いやすい重さです。

フライパンでナポリタンやオムライスを作ることを考えると、なるべく軽いほうが扱いやすいですね。

お皿に移すときも安心!
料理のプロっぽくフライパンが振れるかも!

特徴⑤使用感に満足できなければ返金可能

SURUTTO(スルット)は30日間の返金保証が付いています。
使ってみて満足できなければ、出荷日より30日間以内なら返金可能!

これなら安心して試せそうです。

返金保証が付いてるなら使ってみたーい!

また、フッ素加工コーティングには1年の保証もついているので、正しく使っていたにも関わらず内面のコーティングがはがれてきたというときも安心です。

フッ素加工のメリットはそのままに、特許を取得した特殊加工で作られているのでスルット感が長持ち。

SURUTTO(スルット)はPFOAフリーで、耐久性・熱伝導・重さの面やサポートも十分なので安全なフライパン探しに終わりが来そうな予感がします。

 

\30日間の返金保証付き!今ならアマゾンで5%OFFクーポンあり/
フッ素加工のフライパンの弱点をカバーした「SURUTTO(スルット)」
>>フライパン【SURUTTO】

まとめ

ほぼ毎日使うフライパン。

「小さなキズだし、まだ使える」と使い続けてしまうと、知らない間に人体に有害な物質が食べ物と一緒に取り込まれてとても危険です。

でも「PFOAを使っていないフッ素加工のフライパン」を選べば、安全性も高く、使いやすさも抜群。

料理にプロのようなこだわりがないのなら、安全で使いやすいフライパンがいいですよね。

 

SURUTTO(スルット)の耐久性は、通常3,000回で合格する耐摩耗試験に200万回も耐え、24時間で合格の耐食性試験には300時間も耐えるとい最高レベル。

空焚きせずにしっかり温度を守って適切に使えば、従来のフッ素加工より寿命が長いのは間違いなさそうです。
「SURUTTO(スルット)」なら、こびりつきやお手入れのストレスも減って、フライパンの買い替え頻度が減るのも間違いありません。

約2年に一度フライパンを買い替えることを考えると、お値段もまずまず。

問題はこのフライパン、公式サイトを見るととても人気でソールドアウトばかり。

なので、「そろそろ買い替えたい…」と思った時にはすぐに手に入らないかも。

 

私はもうポチってあるので、これからストレスフリーで目玉焼きが焼けそうです!

 

累計出荷枚数7千枚突破!フライパン料理のストレスをなくしたいなら今すぐ確認!>>ツルツルの長持ちコーティングフライパン【SURUTTO】

-話題
-, ,